全国旅行支援対象外の予約サイトで予約していた時の対処法 

全国旅行支援節約
スポンサーリンク
この記事を書いた人

放射線技師をしながらブログで収益化を目指す!
市民ランナー(Full marathon 3:46:32)
股関節唇損傷から復活
ランニング食学検定1級
FP3級
資産形成初心者
ブログ運営2021/6〜

ともをフォローする

10/11から全国旅行支援が始まり、条件を満たした宿泊施設での宿泊が40%OFF+現地で使用できるクーポン券がもらえるようになり、安く全国を旅行することができるようになりました。

しかし、国内には全国旅行支援に対応していない予約サイトですでに予約をしていた。という方もいるのではないでしょうか?しかも、すでに満室で予約取り直しができない…と諦めていませんか?

実は、私も対応していないサイトで国内ホテルを半年前から予約済みでした。しかしある方法で全国旅行支援を受けれるようになり、お得に宿泊できるようになりました。この記事では、全国旅行支援の未対応サイトで予約していた時の対応策を紹介します。

全国旅行支援についてはこちら

スポンサーリンク

対象外サイトで予約していた時の対応策

全国旅行支援対象外の予約サイト

現在、対象外のサイトはこちら。基本的に海外予約サイトは対象外になっています。

  • Booking.com(一部県を除く)
  • agoda
  • sky ticket
  • Trip.com(既存予約のみ対象外)
  • expedia

ホテルに確認する

どのサイトを見ても空室がない。という場合はホテルに直予約できるか確認してみましょう。問い合わせフォームより、電話で確認したほうがスムーズにやりとりができます。

メリット
  • ホテルのスタッフが予約を取るため、キャンセル手続きの方法が直接聞ける
  • 同じ部屋を確保できる
  • すでに満室の日だった場合でも予約し直してくれる
  • ホテル側も旅行予約サイトに手数料を払わなくていいため変更に応じてくれる可能性がある
デメリット
  • ホテルが提供している値段になるため高い
  • 元の予約サイトでのキャンセル料がかかる場合がある
  • 全てのホテルが対応してくれるわけではない

対象サイトで予約を取り直す

同じホテルに空きがあれば対象サイトで予約を取り直しましょう。

メリット
  • 各ポイントが使える(貯められる)
  • ネットで予約を取り直せる
デメリット
  • 同じ部屋(プラン)が取れない可能性がある
  • 値上がりしている可能性がある
  • 元の予約サイトでキャンセル料がかかる場合がある

主な対象サイト

楽天トラベル【Yahoo!トラベル】じゃらんnet など

スポンサーリンク

体験談

実は私が体験したことを紹介します。

元の予約はBooking.comで10/30に開催される金沢マラソン前泊用のホテルを今年の4月から予約していました。
ホテルの位置は、スタート地点から徒歩10分程度の場所ですでに周辺ホテルは満室

ダメもとでホテルに電話をし、直予約に変更できないか確認したところOKでした!

予約日10/29(土)休日扱い
  • Booking.comでの値段→4,950円(キャンセル料0円)
  • ホテルの直予約での値段→7,500円 
  • 全国旅行支援を使用(40%割引)
    7,500円→4500円+クーポン券1,000円分=実質3,500円

ホテルの実際の値段は高かったですが、全国旅行支援が適応できたことでBooking.comの予約で宿泊するより1,000円以上安く宿泊することができました。

注意点

ホテルが予約を作り直すためにキャンセルのタイミングはホテルの指示に従うこと(私は通話終了後10分程度経ってからキャンセルをお願いしますと指示を受けました。)

スポンサーリンク

国内旅行予約は国内サイトからがベスト

コロナ禍のような特殊な時期では、GoToトラベルや全国旅行支援、県民割などイレギュラーなキャンペーンがあるため、適応しやすい国内サイトや国内の旅行会社から旅行の予約をおすすめします。

私の経験談から、すでにBooking.comをはじめとする海外サイトから予約した方は、一度ホテルに直談判してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました