Cocoonで入れておくといいプラグイン13選【2022】

Cocoon プラグインBlog
スポンサーリンク
この記事を書いた人

放射線技師をしながらブログで収益化を目指す!
市民ランナー(Full marathon 3:46:32)
股関節唇損傷から復活
ランニング食学検定1級
FP3級
資産形成初心者
ブログ運営2021/6〜

ともをフォローする

無料テーマ『Cocoon』を使ってブログ運営している人は多いのではないでしょうか?

約1年、Cocoonでブログ運営をしてきた私が入れているプラグインを13個紹介します。

アクセス解析やセキュリティ保護、画像圧縮系とバランス良く紹介していきます。

この記事をおすすめする人
  • Cocoonでブログ運営している人
  • ブログを始めたばかりの人
  • 必要なプラグインを知りたい人
スポンサーリンク

絶対に入れておきたいプラグイン5選

WP Multibyte Patch

用途:WordPressの日本語化補助

cocoon 必要プラグイン
WP Multibyte Patch

WordPressが英語圏で開発されたものです。英語は半角文字ですが日本語は全角文字を使用しているため、文字のバイト数が違います。

プラグインを入れないまま運用してしまうと、バイト数の違いから文字化けが起こってしまいます。

日本語で使用する際には必須プラグインです。

Broken Link Checker

用途:リンク切れのお知らせ

Cocoon 必要プラグイン
Broken Link Checker

初期には必要ありませんが、ブログ記事が増えてくるとリンク切れのチェックを1記事ごとにするのは時間の無駄になります。

Broken Link Checkerを入れておけば自動検出してお知らせしてくれます。(時間短縮)

XML Sitemap & Google News

用途:サイトマップの作成

Cocoon 必要プラグイン
XML Sitemap & Google News

XMLサイトマップを自動生成できるプラグインです。

記事の公開、更新のたびに検索エンジンにサイト構造を正しく伝えるためのファイルでSEO対策で重要な要素となります。

XML Sitemapは検索エンジンにサイトのことを知らせるために重要です。
類似プラグインもあるのでXML Sitemapが生成できればOKです。

SiteGuard WP Plugin

用途:ログイン時のセキュリティ向上

Cocoon 必要プラグイン
SiteGuard WP Plugin

WordPressのログイン画面を保護するためのプラグインです。

機能
  • 管理画面のアクセス制限
  • ログインURLの変更
  • 画像認証機能の設定
  • 不正ログイン履歴の記録

大切なサイトの保護に重要なプラグインです。せっかく作成したサイトを乗っ取られないように自己防衛という意味で入れておいて損はないプラグインです。

EWWW Image Optimaizer

用途:画像圧縮

EWWW Image Optimaizer cocoon 必要プラグイン
EWWW Image Optimaizer

ブログ記事に掲載した画像を圧縮して、サイトの表示速度を上げるプラグインです。

サイト速度の向上はSEO対策にもなるので画像圧縮系のプラグインは入れておきましょう。

操作も簡単なのでおすすめです!

スポンサーリンク

入れておくと便利なプラグイン3選

Invisible reCaptcha

用途:スパム対策用

Cocoon 必要プラグイン
Invisible reCaptcha for WordPress

ほぼ全てのスパムを遮断してくれるプラグインになります。
ブログ運営で1番鬱陶しいスパムはコメント欄とお問い合わせではないでしょうか。

Invisible reCaptchaは下記のフォームのスパムを遮断してくれるので、入れておくとスパムの煩わしさから解放されます。

対象フォーム
  • コメント欄
  • ログインフォーム
  • 登録フォーム
  • Contact Form7

Site kit by Google

用途:googleのアクセス解析、収益確認用

Cocoon 必要プラグイン
Site Kit by Google

Googleが提供している公式プラグインでサイト運営に必要な情報を一括で確認できるものです。

確認できる情報
  • Google Search Console
  • Google AdSense
  • Google Analytics
  • Page Speed Insights

サイトが重くなる原因のプラグインですが解析結果が一目で確認できるので重宝しています。

WebSub

用途:検索エンジンに記事を書いたことをお知らせする

Cocoon 必要プラグイン
WebSub

ブログを始めたて、なかなかアクセ数が伸びないサイトは検索エンジンにインデックスされるまでにかなりの時間を要します。

Googleだと1件ごとにインデックスリクエストをすればいいのですが、忘れたりめんどくさいのでWebSubにお任せすると手間が省けます。

WebSubはGoogle以外にも、BingやYahoo!にも対応しています。

スポンサーリンク

必須ではないけど便利なプラグイン2選

Ads txt. Manager

用途:Google アドセンス設定用

Cocoon 必要プラグイン
Ads.txt. Manager

iPadでブログ運営をしているため、PCのように操作性が良くないのでアドセンス設定のためにプラグインを使用しました。

30分以上悩んで出来なかった設定がプラグインを入れた瞬間に設定できました。

ブログ開始初期でWordpressに慣れていない時はプラグインに頼るのも良し!

Jetpack

用途:アクセス解析、高速化など

Cocoon 必要プラグイン
JetPack

WordPress登録時に誘導されるように登録していました。

Jetpackはブログを運営する際に最低限の機能が無料で使えるプラグインになります。

主な機能
  • アクセス解析
  • XMLサイトマップ作成
  • プロテクト機能
  • 投稿を自動でSNSへ共有
  • 画像の遅延読み込みなど

多くの機能が無料で利用できますが、サイトを重くする原因にもなるプラグインなので使ってみて判断しましょう。

1つのプラグインで色々と設定したい人にはおすすめです。

スポンサーリンク

最後に…

いかがでしたか?

WordPressを始めたてはプラグインとは…?何を入れたらいいのか…?と悩みますよね。

今回紹介したプラグインを入れておけば最低限のブログ運営はできます!Cocoonユーザーはぜひ参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました