北海道マラソン&金沢マラソン参加者必見!マラソンの雨対策 

マラソンの雨対策Running
スポンサーリンク
この記事を書いた人

放射線技師をしながらブログで収益化を目指す!
市民ランナー(Full marathon 3:46:32)
股関節唇損傷から復活
ランニング食学検定1級
FP3級
資産形成初心者
ブログ運営2021/6〜

ともをフォローする

今年の北海道マラソンは天気予報を見ると曇り〜雨予報ですね。

そして最も雨が降る大会と言っても過言ではない金沢マラソン。マラソン大会の日に雨予報が…というときの対策を解説します。

とも
とも

私自身、金沢マラソンで2回、名古屋ウィメンズマラソン1回と雨に降られています。しかし対策をしたおかげか、終始雨が降っていた名古屋ウィメンズマラソンではラスト5kmまでは靴の中に水が染みず自己ベストも更新できました。

スポンサーリンク

雨対策

マラソンの雨対策を7つ紹介します。全てやらなければならないわけではなく、自身のスタイルに合わせて選択して対策を行ってください。

カッパorビニール袋

マラソンの防寒対策でお馴染みのカッパやビニール袋はもちろん雨対策にもなります。(本来の使い方)走り出すまではなるべく濡れないようにするために、必ずカッパの着用を。

速い選手はスタート後に捨てると思いますが、サブ4以降の方は着たまま走るor脱いでも捨てないようにした方が無難です。必要ない時は腰に巻いたりウェアに挟んだりして持ったまま走りましょう。

カッパは邪魔になりそう…という方は、スタート前まではビニール袋をかぶってカッパを着て雨を凌いでください。そしてスタートしてからカッパだけ捨てましょう。ビニール袋の方は後半まで持っていてください。

意外と30km以降に失速して体が冷える→走れなくなったということもあるので油断大敵です。

防水スプレー

ウェアと靴には全て防水スプレーをしておきましょう。(靴下も忘れずに!)雨で濡れたウェアが身体に張り付くと体温低下の原因になります。

なるべくウェアは速乾性のものを着用し、全てに防水スプレーをかけてください。

防水スプレーは当日ではなく、前日までに2〜3回しっかりとスプレーしておきましょう。1回ごとにしっかりと乾かすのがコツです。

飛行機を利用する遠征組は、遠征準備の時にやっておきましょう(飛行機にはスプレー持ち込み禁止ですよ!)

とも
とも

雨の名古屋ウィメンズの時は35kmまでは撥水していました!靴は37km地点で水溜りにはまって濡れましたがそれまでは雨の影響はゼロでした。

タイツやアームウォーマー

雨で皮膚が濡れないように…ということでタイツやアームウォーマーの着用をおすすめします。どちらも速乾性のものを選んでください。

練習で全く着用したことない方は違和感があるのであまりお勧めできません。

もちろんタイツやアームウォーマーにもしっかりと防水スプレーをしてください。

帽子やサングラス

顔に雨が直接かかると目が開けにくくなり走りづらくなります。

暑さ対策の帽子やサングラスは雨対策にもおすすめです。帽子には防水スプレーをして行ってください。

手袋

手が冷えるとかなり身体の冷えを感じてしまいます。対策としては手袋になりますが真夏の大会では抵抗感があると思います。

完走までに時間がかかる方は、ビニール手袋をポケットに忍ばせておいて、手先が冷えて辛い時に着用してください。

冬場の大会の場合は防水スプレーをして着用してください。

防水タイプのランニングシューズ

一部のメーカーでは防水シューズが販売されています。すでに持っていて履いて練習したことがある方はシューズの変更も視野に入れてください。

靴の中が濡れてしまうと、足の皮が剥けたり、豆ができたりして痛い思いを…ただし、大会前に慌てて買って当日いきなり着用することは避けてください。

ワセリン

ワセリンは既に衣服の擦れ防止用として使っている方も多いと思いますが雨対策にも使えます。

ワセリンは油でできているので、身体に塗れば撥水できますが同時に保温効果もあります。夏や秋口の大会では使用を避けた方がいいでしょう。

真冬の大会では確実に塗ってください。雨が降っていないくても保温対策としてお腹などの脂肪の多い部分に塗ると身体の冷えを感じにくくなります。

スポンサーリンク

雨を侮るな!

マラソンにおける雨対策について解説しました。自身の体質や予測されるタイムから対策グッズを選択して着用してください。

最低限、防水スプレーをしておくと安心です。

夏の雨でも何時間も雨に当たっていれば体温低下を起こします。体温はパフォーマンスに影響する因子でもあるので、侮らずしっかりと対策しましょう。

タイトルとURLをコピーしました